相続対策・相続税シミュレーション
ホーム > 相続対策・相続税シミュレーション

相続対策・相続税シミュレーション

ご家族が安心して将来を迎えられるよう全力でサポート致します

 相続税の増税が取立たされている今日、ご自分の財産をどれだけ所有していて、いくらくらいの財産価値になるかはご存知ですか?

 相続税は亡くなられた方が所有している財産(土地や建物、現預金、有価証券、保険金、車など)から所有している債務(借入金など)を差引いた金額に課税される税金です。よって、所有する財産が多ければ多いほど相続税という税金がかかります。ご存知でない経営者様も多いのですが、会社への貸付金も相続財産になります。そして相続税を納めるのは亡くなられた方のご家族です。
 納税額を上回る現預金や死亡保険金があれば税金を納付できますが、現預金や死亡保険金が下回れば税金を納付できない可能性が生じます。遊休不動産であれば売却可能ですが、不動産を賃貸したり居住したりしていれば売却するのは難しくなります。又土地は路線価を基に計算するので購入時に比べ予想以上の財産価額になる時があります。
 相続対策の主な目的は、
 ・相続税減少対策
 ・納税資金の確保
 ・残されたご家族の生活保障
です。様々な対策をとっていけば将来発生する相続税も抑えられますし、納税資金の確保も可能です。その為にはまず、相続税の基となる財産の価額を算出し、予想税額を計算します。これが相続税シミュレーションです。そしてそのデータを基に最善の対策方法を見出し実行していきます。これが相続対策です。
 相続対策実行にあたっては相続税の知識は勿論のこと、贈与税、所得税、法人税、消費税、地方税、といったあらゆる税法の知識が必要です。当事務所はこれらの知識をフル活用して、お客様各々に合った最善の対策を提供できるよう努力しています。相続対策は早く着手すると節税効果も絶大です。当事務所が関与させていただいたお客様ももっと早く相談していれば良かったと仰います。
 もし、この文章を読んで不安になられたり、現時点で相続税がいくら発生するか又は発生しないか知りたいと思われましたら、一度当事務所にご相談下さい(相談で料金は発生致しませんのでご安心下さい)。不安が解消するよう全力で取組ませていただきます。

料金:
 相続税額シミュレーション及び相続対策提案 100,000円(基本報酬)+各財産評価報酬

 相続対策実行に伴う税務申告  当事務所報酬規定により請求させていただきます。          

当事務所の3つの特徴

その1 納税資金の確保対策を練ります

   相続税シミュレーション段階で、予想税額が所有現預金や死亡保険金を上回っていれば納税資金の確保も重要になってきます。相続税は原則、金銭全額納付です(特例として金銭を分割で納付する「分納納付」、金銭の代わりに不動産等で納付する「物納納付」も認められていますが、いずれの場合も利子税が発生致します)。そこで当事務所は、納税資金を現預金や保険金で確保できるよう最善の対策を提供致します。

その2 不動産運用の専門家と連携しております

 遊休不動産であれば、財産評価の減額規定は何もありませんが、その遊休不動産を賃貸等すれば減額規定を適用できます。しかし、どのように遊休不動産を運用していけばいいか疑問が生じると思います。そこで当事務所は、不動産運用の専門家と連携して最善の対策を提供致します。

その3 相続税のみならず贈与税等も含めた関連税法も考慮します

 相続対策を実行していく場合は、贈与が主になってきますが、その場合には贈与税が、法人を設立した場合には法人税・消費税・地方税が、不動産を売却したり賃貸した場合には所得税・地方税がそれぞれ発生します。そこで当事務所は、このような周辺税目も考慮し、予想相続税額も含めたトータルの税額負担が少なくなる最善の方法を提供致します。